援助交際をする動機とは

援交希望女性が多いと噂の出会い系サイト一覧

最近の中学生、高校生を見ていると大人びて見えることが少なくありません。
中学一年生の頃から化粧をしている子も当たり前となり、持っているものもブランド物や高級品で着飾っている子も少なくありません。
なぜこのように変化していったのかと言いますとやはり情報の氾濫が原因ではないかと思います。
情報の氾濫と言いますとインターネットをすぐに思い浮かべると思いますが、それだけではなくテレビや雑誌、周りの大人たちなど目に入るものすべてが対象となるのです。
むしろこうした日常的に目に入るものの方が悪影響で、インターネットはそれに興味を持った子がより深く知りたいと思った時に利用しているのです。
しかも今ではスマホが一般的となりこうした傾向はより加速していくことになるでしょう。
しかし、親からの小遣いには限界がありますし、バイトをして苦労したお金をこうしたブランド物のバッグや高級化粧品につぎ込む子はいないようです。
むしろバイトをして稼ぐと言う子と言うのは、どちらかと言うと真面目で金銭感覚に優れている子がやっていることが多いので逆にその子らは問題ないと言えるのです。
問題なのは楽して稼いで欲しいものを買うと言うタイプなのです。
そういう子が出会い系サイトなどで援助交際を繰り返し、簡単にお金を手にしたいと思うようになるのです。

援助交際をする理由の第一位はやはりお金

援助交際へのきっかけと言うのはほとんどの方が「お金が欲しい」ということです。
一度援助交際をすれば軽く二・三万円は手に入りますし、中には五万円を超す金額を貰う事も出来るようです。
高額なお金を貰うには制服のまま性行為をしたり、アブノーマルなセックスを強要される事も少なくないようです。
高額なお金を手にするためにはリスクを背負わなければならないと言う事なのです。
しかし援助交際をしてせっかく得たお金と引き換えに心はいつまでも傷ついたままと言う少女が後を絶ちません。
どうしてこのような事をしてしまったのだろうか、ただ遊ぶお金のためにここまでしなければならなかったのか、と自問自責してしまうようです。
なにはともあれ援助交際をしてもいい事は一つもありません。
簡単にお金が手に入ると言うもののそのお金の稼ぎ方は間違っていますし、そうして得たお金と言うものはありがたみもなく結局のところ意味の無いものに使いがちです。
体を傷つけてまで得るほどの対価のあるお金と言うものはなく、お金目的に援助交際をするというのは間違い以外の何物でもありません。
もしも今お金目的で援助交際をしているという少女がいれば、そうして得たお金には何の価値もないという事に気づき援助交際から足を洗って欲しいと願ってやみません。

援助交際をやめるきっかけは「自分の事をいかに大切に思えるか」

援助交際をしている少女らと言うのは家庭の悩みが多い子に利用者が多いようです。
家庭の悩みとしましては、両親から十分な愛情を受けていないと言う事が最も多いようです。
愛情に飢えた少女らは優しく接してくれる大人をすぐに信じてしまい、頼るべき存在と認識してしまいます。
それが良い大人だと良いのですが、大半が悪巧みを考える悪い大人に騙されるのです。
言葉巧みに近寄ってきますので何の疑いも持たずに悪い大人のいいなりになってしまうのです。
「せっかく信頼できる大人と知り合えたのだから期待に応えたい」こうした純粋な少女らの心をもてあそび援助交際をさせているのです。
お金も貰える、アフターケアで優しい言葉をかけてくれる、相談に乗ってくれる、と言う事で援助交際で見知らぬ男と肉体関係を持つ事を我慢でき、ぎりぎりの状態で続けているのです。
しかし、それは金づるとして利用されているだけで決してあなたの為ではないと言う事を知って下さい。
援助交際をお金の為だけでなく、こうした優しい甘い言葉をかけてくれる人のそばにいたいと思って利用している少女らが少なくないのです。
しかし、本当にあなたの事を思ってくれる人と言うのはあなたにそんなこと、援助交際はさせないと言うのが普通と言う事を認識して下さい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ